header
CodePanic! > C#.NET Tips > 今ここ

■フォントを選択するダイアログを表示する

フォントを選択するダイアログは
FontDialogコントロールとして既に用意されていますのでこれを利用します。

例としてFormにFontDialogコントロールを配置し
Buttonが押されたらButtonのテキストのフォントを選択するためのダイアログを表示します。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

namespace WindowsFormsApplication1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            // ダイアログを表示
            DialogResult ret = fontDialog1.ShowDialog();

            // OKボタンが押されたらボタンのテキストフォントを変更
            if (ret == DialogResult.OK)
                button1.Font = fontDialog1.Font;
        }
    }
}

主なプロパティー一覧

Color
	選択されたフォントの色
Font
	選択されたフォント
FontMustExist
	規定値:false
	存在しないフォントを選択した場合、警告を表示するか否か
MaxSize
MinSize
	規定値:0
	指定できるフォントの最大サイズと最小サイズ。制限しない場合は0
ShowApply
	規定値:false
	適用ボタンを表示するか否か
ShowColor
	規定値:false
	色の選択を表示するか否か
ShowEffects
	規定値:true
	取り消し線、下線、色の選択などの文字飾りグループを表示するか否か
ShowHelp
	規定値:false
	ヘルプボタンを表示するか否か
dialog_font.jpg(57175 byte)



zFCodePress C#vO~OTips


Copyright © 2008.07 - shougo suzaki
ゥRN\Agbvy[WB