header
CodePanic! > C#.NET Tips > 今ここ

■名前を付けて保存ダイアログを表示する

名前を付けて保存ためのダイアログは
SaveFileDialogコントロールとして既に用意されていますのでこれを利用します。

例としてFormにSaveFileDialogコントロールを配置し
Buttonが押されたらファイルを保存するためのダイアログを表示します。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

namespace WindowsFormsApplication1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            // ダイアログのタイトルを指定
            saveFileDialog1.Title = "ファイルを保存";

            // 初期フォルダを指定
            saveFileDialog1.InitialDirectory = @"c:\";

            // 初期ファイル名
            saveFileDialog1.FileName = string.Empty;

            // ファイルが存在するかどうかチェックする
            saveFileDialog1.CheckFileExists = true;

            // 拡張子が入力されなければ自動で付与するか否か
            saveFileDialog1.AddExtension = true;

            // ファイルが既に存在する場合警告するか否か
            saveFileDialog1.OverwritePrompt = true;

            // ファイルの種類、拡張子のフィルターを設定
            saveFileDialog1.Filter =
                "すべてのファイル(*.*)|*.*|" +
                "テキストファイル(*.txt)|*.txt";

            // 初期状態で選択されているフィルターは何番目か
            // インデックスは1からはじまるので注意
            saveFileDialog1.FilterIndex = 2;

            // ダイアログを表示
            DialogResult ret = saveFileDialog1.ShowDialog();

            // 【保存】ボタンで閉じられていれば選択されているファイル名を表示
            if (ret == DialogResult.OK)
                MessageBox.Show(saveFileDialog1.FileName);
        }
    }
}

dialog_save.jpg(74508 byte)



zFCodePress C#vO~OTips


Copyright © 2008.07 - shougo suzaki
ゥRN\Agbvy[WB