header
CodePanic! > C#.NET Tips > 今ここ

■ウィンドウのタイトルを点滅(FlashWindow)させる

ウィンドウのタイトルを点滅させたい場合は
Win32APIの FlashWindowEx APIをコールします。

サンプルコードの前半は同APIを利用するための準備で
ボタンを押すと点滅させています。

点滅後はタイトルが強調表示されたままになります。

何かの処理が完了したことを知らせる場合などに利用します。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;
using System.Runtime.InteropServices;   // DllImportのために必要

namespace WindowsFormsApplication1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        [DllImport("user32.dll")]
        static extern Int32 FlashWindowEx(ref FLASHWINFO pwfi);

        [StructLayout(LayoutKind.Sequential)]
        public struct FLASHWINFO
        {
            public UInt32 cbSize;    // FLASHWINFO構造体のサイズ
            public IntPtr hwnd;      // 点滅対象のウィンドウ・ハンドル
            public UInt32 dwFlags;   // 以下の「FLASHW_XXX」のいずれか
            public UInt32 uCount;    // 点滅する回数
            public UInt32 dwTimeout; // 点滅する間隔(ミリ秒単位)
        }

        
        public const UInt32 FLASHW_STOP = 0;        // 点滅を止める
        public const UInt32 FLASHW_CAPTION = 1;     // タイトルバーを点滅させる
        public const UInt32 FLASHW_TRAY = 2;        // タスクバー・ボタンを点滅させる
        public const UInt32 FLASHW_ALL = 3;         // タスクバー・ボタンとタイトルバーを点滅させる
        public const UInt32 FLASHW_TIMER = 4;       // FLASHW_STOPが指定されるまでずっと点滅させる
        public const UInt32 FLASHW_TIMERNOFG = 12;  // ウィンドウが最前面に来るまでずっと点滅させる

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            FLASHWINFO fInfo = new FLASHWINFO();
            fInfo.cbSize = Convert.ToUInt32(Marshal.SizeOf(fInfo));
            fInfo.hwnd = this.Handle;
            fInfo.dwFlags = FLASHW_ALL;
            fInfo.uCount = 5; // 点滅回数
            fInfo.dwTimeout = 0;

            FlashWindowEx(ref fInfo);
        }
    }
}
	




zFCodePress C#vO~OTips


Copyright © 2008.07 - shougo suzaki
ゥRN\Agbvy[WB