header
CodePanic! > C#.NET Tips > 今ここ

■仮想ListViewで高速に描画する + CheckBoxを表示


前節の仮想ListViewのサンプルに加えて
各行にCheckBoxを表示させます。

コツがあって
単純にListViewのCheckBoxesプロパティーをtrueとするだけでは見えません。

さらに
ListViewItemのCheckedプロパティーをtrue→falseなどと
あえて無駄に思えるかもしれない操作をしないと見えません。

さらにさらに
ここまででチェックボックスは見えるようになりますが
クリックしても反応しません orz
MouseClickイベントを定義して
自前で再描画してやる必要があります。

仮想ListViewは少し面倒ですが
速度的な恩恵が多いのでその辺は我慢で。

また、チェックボックスをダブルクリックすると
チェックのON/OFFがズレます。なんだろう?バグ?
これの回避策については次節で


using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

namespace VirtualListViewSample
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        // ListViewItem数
        const int _size = 1000;

        // RetrieveVirtualItemで返すもの
        ListViewItem[] _item = new ListViewItem[_size];

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {
            // Column追加
            listView1.Columns.Insert(0, "ファイル", 180, HorizontalAlignment.Left);
            listView1.Columns.Insert(1, "フォルダ", 180, HorizontalAlignment.Left);
            listView1.Columns.Insert(2, "サイズ",    80, HorizontalAlignment.Right);

            // 適当にItem追加
            for(int index = 0; index < _size; index++)
            {
                _item[index] = new ListViewItem(
                    new string[]
                    {
                        "sample_" + index.ToString() + ".txt",
                        @"c:\sample",
                        index.ToString(),
                    }
                );

                // ※一旦、Checkedプロパティーを設定→解除することで見えるようになります
                _item[index].Checked = true;
                _item[index].Checked = false;

            }

            // 表示を詳細に
            listView1.View = View.Details;

            // 1行全体選択
            listView1.FullRowSelect = true;

            // チェックボックスを有効に
            listView1.CheckBoxes = true;

            //
            // ここから仮想ListView関連
            //
            // 仮想モードON
            listView1.VirtualMode = true;

            // Item数設定
            listView1.VirtualListSize = _size;

            // 必須:描画に必要なListViewItemを返すイベント追加
            listView1.RetrieveVirtualItem += new RetrieveVirtualItemEventHandler(listView1_RetrieveVirtualItem);

            // チェックボックスをクリックされたら再描画するために必要
            listView1.MouseClick += new MouseEventHandler(listView1_MouseClick);

            // ボタンハンドラ
            button1.Click += new EventHandler(button1_Click);
        }

        // チェックボックスがクリックされたらその部分を再描画
        void listView1_MouseClick(object sender, MouseEventArgs e)
        {
            ListView listview = (ListView)sender;
            ListViewItem item = listview.GetItemAt(e.X, e.Y);
            if (item != null)
            {
                if (e.X < (item.Bounds.Left + 16))
                {
                    item.Checked = !item.Checked;
                    listview.Invalidate(item.Bounds);
                }
            }      
        }

        //
        // 引数が示すindexのアイテムを返すと描画される
        //
        void listView1_RetrieveVirtualItem(object sender, RetrieveVirtualItemEventArgs e)
        {
            e.Item = _item[e.ItemIndex];
        }

        // ボタンが押されたら選択中アイテムを表示
        void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            if(listView1.SelectedIndices.Count > 0)
            {
                int index = listView1.SelectedIndices[0];

                MessageBox.Show(_item[index].SubItems[0].Text);
            }
        }
    }
}





zFCodePress C#vO~OTips


Copyright © 2008.07 - shougo suzaki
ゥRN\Agbvy[WB