header
CodePanic! > C#.NET Tips > 今ここ

■タイマーの使い方(定期的な処理を行う)

定期的な処理を行うにはTimerコントロールを使います。
TimerコントロールをFormにドラッグ&ドロップすると
デザイン画面の下のほうにtimer1が現れます。

主なプロパティーは2つ。
Enabledでタイマーが有効か無効かを設定します。(初期値はFalseで無効)
Intervalでタイマーイベントが発生する周期をミリ秒単位で指定します。

後はタイマーイベントが発生すると呼び出される
Tickイベントハンドラを追加し、(イベント一覧でTickの欄をダブルクリックで自動生成)
定期的に行いたい処理をTickイベントハンドラ内に記述します。

下記例では1秒毎に秒数をカウントし、
VisualStudioの出力画面に経過病数を表示します。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

namespace WindowsFormsApplication1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        // 秒数
        private int sec = 0;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {
            // 1秒単位でイベントを発生させる
            timer1.Interval = 1000;

            // タイマーを有効に
            timer1.Enabled = true;
        }

        private void timer1_Tick(object sender, EventArgs e)
        {
            sec++;
            Console.WriteLine(sec.ToString() + "秒経過...");
        }
    }
}





zFCodePress C#vO~OTips


Copyright © 2008.07 - shougo suzaki
ゥRN\Agbvy[WB