header
CodePanic! > C#.NET Tips > 今ここ

■選択されているノードを取得する


TreeViewで選択されているノードを取得するには
SelectedNode プロパティーを利用します。

例では
ボタンを押すと、そのとき選択されているNodeのテキストを表示します。


using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

namespace WindowsFormsApplication1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
        {
            // TreeViewがフォーカスを失っても選択状態にしておく
            treeView1.HideSelection = false;

            // NodesコレクションにAdd関数で追加します。
            treeView1.Nodes.Add("ノード1");
            treeView1.Nodes.Add("ノード2");
            treeView1.Nodes.Add("ノード3");

            // Nodeがさらに子Nodeを持つ場合、親NodeのNodesコレクションに追加します。
            TreeNode node = treeView1.Nodes.Add("ノード4");
            node.Nodes.Add("子1");
            node.Nodes.Add("子2");
            node.Nodes.Add("子3");

            // 指定Nodeに子Nodeを追加する例
            treeView1.Nodes[0].Nodes.Add("子1");

            // 複数Nodeを1度にまとめて追加する場合はAddRangeを利用
            TreeNode[] nodes =
            {
                new TreeNode("Range1"),
                new TreeNode("Range2"),
                new TreeNode("Range3")
            };
            treeView1.Nodes[1].Nodes.AddRange(nodes);
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            // 選択状態か?
            if (treeView1.SelectedNode.IsSelected)
            {
                // 選択されているNodeのテキストを表示
                MessageBox.Show(treeView1.SelectedNode.Text);
            }
        }
    }
}





zFCodePress C#vO~OTips


Copyright © 2008.07 - shougo suzaki
ゥRN\Agbvy[WB